totemo utsukusiikata …

時々、テレビに映る彼女を見ては、

「 あぁ、元気なんだ。 無事なんだ。」 ってほっとしていた。





シリアで亡くなられた 山本美香さん。

あんな美しい女性がなぜ? とすごく不思議に思っていたけれど、

山本さんは、誰かがしなくてはなら­ない、自分にしかできない、っていう事に

真剣に、必死に、一生懸命に向かっていたんだと思う。

今もどこかで誰かが苦しんでいる、という現実を、平和しか知らずに生ぬるく生きている日本人に

一生懸命伝えようとしていた。 すごく活き活きとして、キラキラと輝いていた。

彼女のしていることを真似することは出来ないけれど、

元気でバイタリティーのある姿がとても魅力的に見えていた。


パートナーの佐藤和孝さんだけが画面に映っても、すぐそばにはきっと山本さんもいるんだろうな、と思えるほど

二人は唯一無二の存在だったんだろう。

きっと佐藤さんは山本さんがいたからこそ頑張れたし、山本さんも佐藤さんがいたからこそ

女性が立ち向かえないような場所にどんどん行けたんだろうと思う。



なのに、あんなことになってしまって…



佐藤さんが号­泣されている姿を見て、死別は本当に可哀相だと思った。

いつものように触れたくても、話したくても、二度と暖かい身体に触れることはできないなんて。­

山本さんもそれが一番辛い事だろうなって思う。

でもきっと山本さんの事だから、佐藤さんが無事で安心してるはず。 あなたは無事でよかった、って。


山本さんを気に掛けるようになってから10年近く。

なぜこんなにも彼女に心惹かれるのか、ずっとわからなかった。

私には出来ないことをやってるからだろうか? 

戦場には不釣り合いな美人だからだろうか?



先日、ようやくその訳がわかった気がした。


死亡記事の最後にあった山本さんの略歴を見て、ハッとした。

“ 私と同じ誕生日 ”

涙が出て止まらなかった。 だから、シンパシーを感じていたのかなぁ…

余計に悔しさが溢れてきた…



山本美香さんに感謝­と尊敬をこめて。

安らかに、お眠りください…

あなたのことは決して忘れない。

ありがとう。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by roomy-note | 2012-08-25 16:07 | つれづれ。 | Comments(0)

『 Roomy+ 』 として手作りを楽しんでいます♪


by roomy-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30